So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク
スポーツ情報 ブログトップ
前の10件 | -

コナーマクレガーVSアルド戦の試合結果速報 [スポーツ情報]

UFC194で5分5Rで行われたフェザー級タイトルマッチのコナーマクレガー対ジョゼアルドの試合は両者睨み合いの続く注目の一戦になった。どのような試合展開でも激戦が予想されるかと思いきや、今回の一戦はアルドの右ストレートを払いのけてマクレガーの左フックがアルドに直撃すると前のめりの倒れマクレガーが試合開始13秒でフェザー級王者になった。









共通テーマ:スポーツ

錦織圭が全豪オープンテニス3回戦で見事勝利する [スポーツ情報]

全豪オープンテニスの3回戦目を迎えた錦織圭は対戦相手が
スティーブジョンソンと戦いやすい相手になった。

錦織はプレッシャーの影響なのか、試合序盤ではミスや思うような動き
が出来ずに1セットを落とす形になったがここからはやはり世界ランカーだった。

少しずつストローク戦で戦いながらサーブが決まるようになると、
ジョンソンの警戒をワイドなショットで崩していき試合の流れを取り戻す。

試合結果は、6―7、6―1、6―2、6―3で4年連続の16強を果たした。




共通テーマ:スポーツ

2015イチロー移籍最新ニュース速報!! [スポーツ情報]

NYヤンキースからFA(フリーエージェント)のイチローは2015年に新たな移籍先は
どこなかのか?アメリカだけでなく日本の野球界でも注目の的になっている。


2014年はヤンキースでは少ない出番をモノにしてきたイチローはこれまでヒット量産で
日米通算で3000本安打まで残り156本となっている。


メジャーリーガーのピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打の4256安打には、
オリックス時代に記録した1278安打を合わせると134安打で並ぶことになる。


今後の記録更新も視野に入れて、試合出場回数を上げて記録達成に一日でも近づく
ことをイチロー自身も望んでいるに違いない。



記録達成に関して、いくつかの球団では経営上の大きなマーケティングになるとして
快挙に迫るイチローを獲得する球団が名乗りを上げてくる可能性もある。



依然としてイチロー獲得に向けて公に動き出している球団は今のところ取りざたされて
いないこともあるが、レッズがイチロー獲得に向けて動き出しているとの話もあるようだ。



現役選手としてデレクジーター(現役引退)同様に野球殿堂入りも確実との見方を
されているイチローは打点、安打数、打撃タイトル、(シーズン)MVPと高い数字を残してきた。


昨年はヤンキースで14年目で最小の143試合の少ない出場回数でも堅実に数字を
残していることからも、年齢によるパフォーマンスのほとんど影響がない。





レッズのプライス監督はマリナーズでイチローがデビューした01年当時02年に投手コーチ
を務めている間柄で「出塁率の良い一番打者の外野手」を獲得をコメントしている。



イチローはまさにプライス監督の外野手に適役ということもあり、またレ軍特別アシスタント
に就任したケビン・タワーズ氏がイチローに敬意を示していることも関係している。


イチローの新代理人となったジョン・ボグズ氏の「すべてがポジティブ」との発言からも、
レッズ入りが濃厚の可能性がある。











共通テーマ:スポーツ

黒田がカープ移籍!!21億円を蹴って約束を果たす [スポーツ情報]

メジャーリーグの高額年俸はあまりに高待遇なために、選手として価値を認め
られれば少しでも長くメジャーで挑戦していきたいと思うのが選手の本音だろう。



マー君の長期巨額年俸やイチローの高額年俸他、さらに高額年俸契約をする
選手がいる中で、メジャー挑戦からヤンキースで大金を稼いだ黒田に注目。


ヤンキースからフリーエージェント(FA)になった、田博樹投手(39)はヤンキース
との21億6000万を蹴ってなんと古巣カープと契約したことは衝撃的で感動的。


芸能界でも、カープファンで知られているお笑いコンビ・アンガールズやお笑い芸人
の有吉弘行他も黒田の今回の移籍騒動で喜んでいるようだ。


世界中で21億円を手に出来るのに、4億円を提示されたはるかに年俸の低い球団
に移籍するという選手はごくごく希というか「なぜ?」と思う方がほとんどなのでは。


有吉の「黒田の男気 7年前の約束守って広島復帰」というツイッターでのコメントや
「21億6000万を蹴って…4億円でカープに復帰! そんな、漫画でも嘘に聞こえるような
事が現実にあるのか」という田中卓志のコメントでもいかに衝撃的か分かる。



ただ、黒田以外でも日本プロ野球で活躍できたからこそメジャー移籍できたという
ことは事実で黒田本人もそのことから恩返しの意味もあるのではないだろうか?


メジャーで日本人選手が活躍すること以上に、やはり日本国内の野球を盛り上げる
ためには世界ですでに十分活躍した選手が再び国内で活躍することがカンフル剤になる。



広島カープで再び黒田人気が再燃すれば、カープ以外にも野球人気が再び活発化
してくることは確かかもしれない。









共通テーマ:スポーツ

アギーレ氏の八百長疑惑は無罪になる可能性が高い [スポーツ情報]





日本代表のサッカー現監督のハビエルアギーレがスペインサッカーの八百長疑惑
に関わっているという問題がここ数日顕著になっている。

すでに、スペインの検察に告発されているがアギーレ監督はこの問題に関しては
何も関わっていないという発言をしているが、実際問題スペインではどうなっているのか。

アギーレ監督は日本代表のサッカーがアジアカップ2連覇に挑むという大事な時期
に差し掛かっているということで代表活動に集中しているようだ。

告発が受理された場合には、日本代表監督の進退問題にもなるのでサッカー協会
もこの問題は過去のことと除外視することはできない。

さらに、問題が長期化するほど新代表が軌道に乗ってきた状態からの監督の解任
ということになると代表はまたゼロからのチーム作りになってします。

アジアカップの先にある、本命のロシアワールドカップに万全の状態で挑むことも
今の状態では非常に不安定なチーム体制と言える。

スペイン本土では、サッカーの八百長騒動というのはもともと毎シーズン、最終節には
疑惑が浮上するものという事実もありメディアとファンの間では寛容されてきている。

公にはならないが、こういった問題はある程度ファンの間では受け入れられていること
や今までこういった告発という問題にまでは発展しなかったこともある。

決定的な証拠というものもこういった八百長問題では何が証拠になり、裁判でどういった
ことが有利に働くのかということも注目されることになるのかもしれない。

関係者全員が今回の八百長に関して、否定している時点で告発されても有罪に
なる可能性は低いというメディアの見方だ。







共通テーマ:スポーツ

ミラン本田のナポリ戦結果は?!メディアの評価は辛口 [スポーツ情報]


ミランは現地時間14日にナポリと対戦した。3位の難敵ナポリを相手に2得点
をもぎ取る活躍で6位に浮上する。


この日活躍したのは、MFジャコモ・ボナベントゥーラでMVPに選出され2得点目
をナポリから奪いガゼッタ・デッロ・スポルト紙が7・5点を付けた。


現在のミランからすると、ナポリ戦で2得点を挙げさらに、勝ち点2を獲得したこと
は非常に大きく今後のミランの流れを変える試合だったことは大きな収穫。


メディアの反応も、イタリア名作映画「ニュー・シネマ・パラダイス」を引き合いに
出して「ニュー・ミラン・パラダイス」と賞賛している。



一方、今季前半で好調だった本田には厳しい評価が付けられた。


チーム最低点となる5.5点の評価で、シーズン序盤の輝きは失われたと酷評。
「前半45分は見ているだけ。後半は少し活躍したものの、ミスが多く見られた
。14回のミスパス、21回のボールロスト」と10番に厳しいコメントを付けた。








共通テーマ:スポーツ

フィギュアスケート グランプリファイナル 2014の結果速報!! [スポーツ情報]





スペインバルセロナで行われたフィギアスケートグランプリファイナルは
13日(日本時間14日)に行われ、日本の本郷理華に注目が集まった。

日本の本郷は、冒頭の連続3回転ジャンプで回転不足があったが
後半に盛り返したが全体的な得点が低く判定された。

本郷は、今大会で初出場のGPファイナルは最下位の結果に終わった。

今回、優勝を果たしたのはロシアの17歳のSP1位エリザベータ・トゥクタミシェワで
フリーも1位で合計198・74点で初優勝。

2位はロシアのエレーナ・ラジオノワで合計198・74、3位はアメリカのアシュリー・ワグナー
で合計189・50となった。

4位・5位もロシア勢になりロシアのフィギアスケートの強さが目立った大会になった。







共通テーマ:スポーツ

元日本代表柳沢敦が仙台で引退 [スポーツ情報]





ジーコジャパンの主力FWで活躍した柳沢敦がベガルタ仙台でプロサッカー選手
として現役引退を発表した。


高校サッカー選手権で名門の富山第一からプロ選手として注目され、
卒業後は鹿島アントラーズに入団が決定した。


柳沢は入団後、翌年には新人王を獲得しヤマザキナビスコカップと天皇杯制覇に
貢献するなどプロ入り後早い段階で活躍。


1998年にはリーグ戦で22得点と挙げてベストイレブンに選出されるなどの活躍
で代表入りを果たした。


2000年にはシドニーオリンピックに出場し、鹿島アントラーズでは3冠を獲得する。
2002年のアジア初の日韓ワールドカップにも出場し3試合先発出場した。

海外での活躍は、2003年に期限付きでサンプドリアに移籍をする。その後
メッシーナに移籍するなど海外での選手経験を積んでいる。


2008年に京都サンガF.C.へ移籍して1年目に13得点を記録し自身3回目の
ベストイレブンに選出された。


2011年からはベガルタ仙台に移籍してプロ選手としてプレーを続けていた。
国際Aマッチでは58試合に出場し、17得点を挙げるなど日本を代表する
プレイヤーとして記録を多く残す選手人生だった。


「まだ最終節の試合が残っていますので、最後までプロとして
全力でやり切りたいと思っています」とコメントしている。









共通テーマ:スポーツ

ロバート山本がプロデビュー戦で見事な勝利を飾る [スポーツ情報]

芸能人からプロボクシングデビューを果たしたロバート山本(36才)が自身のデビュー戦で
鮮やかなTKO勝ちで初戦を飾った。

高橋陸(フラッシュ赤羽)と対戦したリングネーム「ロバート山本」は連打を叩き込んで
最終ラウンドの4回1分11秒に連打でレフリーストップでTKO勝ち。

山本は長いリーチを生かした左ジャブ、右ストレート、右アッパーという得意のスタイルで
試合を有利に進め、最終回に右パンチで強烈な相手への打撃をして連打を叩き込んだ。

試合途中では、相手のフックをもらいぐらつくシーンもあったが、
なんとかクリンチでしのぐなど試合を自分のペースで運ぶうまさも見せた。

左目周りが相手のパンチをもらい、腫れ上がっていたが会心の笑みを見せていた。
「本当に楽しかった。ボディーが効いていると思ったけど、レフェリーが止めるまで勝ったかどうかどうかは分からなかった」とコメントするなどボクシングを楽しんでいる様子。

ボクサーとして定年37才まで9ヶ月あるが、今後の山本のボクシングシーンに注目が集まる。




共通テーマ:スポーツ

11月のミラノダービー本田・長友の評価の違い [スポーツ情報]

イタリア1部リーグ(セリエA)第12節、ACミランとインテル戦は本田VS長友が出場する
注目の一戦になった。

ミランの本田は後半から途中出場し、対するインテルの長友は先発フル出場を果たした。
長友にとっては就任初戦となったロベルト・マンチーニ監督でのフル出場だった。

ミランが7位、インテルが9位とミランにお互いに負けられない正念場の伝統のミラノダービー
は今試合で211回目になる。

試合結果は、1-1のドローとなり今回の試合内容に関して「本田」「長友」両者の地元メディア
の評価では長友よりの評価になった。

「スタメンでもやっていける」と長友のフル出場に関しては問題ないという太鼓判のコメント。

一方、本田の評価では「トーレスの代わりに先発でもよかった。」と評価している。

インテル監督交代から、今後の長友の起用が以前よりも厳しくなるのではという見方もあったが
新監督初戦でフル出場である程度の動きが見られたことはプラスになる。

サイドからよく攻撃していたことや攻撃に関しての動き出しも高評価されていることでインテル
で今後も活躍できるというインパクトある試合内容になった。




共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。