So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

2015イチロー移籍最新ニュース速報!! [スポーツ情報]

NYヤンキースからFA(フリーエージェント)のイチローは2015年に新たな移籍先は
どこなかのか?アメリカだけでなく日本の野球界でも注目の的になっている。


2014年はヤンキースでは少ない出番をモノにしてきたイチローはこれまでヒット量産で
日米通算で3000本安打まで残り156本となっている。


メジャーリーガーのピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打の4256安打には、
オリックス時代に記録した1278安打を合わせると134安打で並ぶことになる。


今後の記録更新も視野に入れて、試合出場回数を上げて記録達成に一日でも近づく
ことをイチロー自身も望んでいるに違いない。



記録達成に関して、いくつかの球団では経営上の大きなマーケティングになるとして
快挙に迫るイチローを獲得する球団が名乗りを上げてくる可能性もある。



依然としてイチロー獲得に向けて公に動き出している球団は今のところ取りざたされて
いないこともあるが、レッズがイチロー獲得に向けて動き出しているとの話もあるようだ。



現役選手としてデレクジーター(現役引退)同様に野球殿堂入りも確実との見方を
されているイチローは打点、安打数、打撃タイトル、(シーズン)MVPと高い数字を残してきた。


昨年はヤンキースで14年目で最小の143試合の少ない出場回数でも堅実に数字を
残していることからも、年齢によるパフォーマンスのほとんど影響がない。





レッズのプライス監督はマリナーズでイチローがデビューした01年当時02年に投手コーチ
を務めている間柄で「出塁率の良い一番打者の外野手」を獲得をコメントしている。



イチローはまさにプライス監督の外野手に適役ということもあり、またレ軍特別アシスタント
に就任したケビン・タワーズ氏がイチローに敬意を示していることも関係している。


イチローの新代理人となったジョン・ボグズ氏の「すべてがポジティブ」との発言からも、
レッズ入りが濃厚の可能性がある。










この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。