So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

妖怪ウォッチの人気に陰りはあるのか?福袋まで登場の人気はいつまで続く [ニュース]


街を歩けば、何かしら妖怪ウォッチ関連の物を目にする機会が増えている中で
今年2014年は子供の間でぶっちぎりと言ってもいいくらいの人気ぶり。


アニメやゲームに疎い人でも「妖怪ウォッチ」の言葉はすでに一度は聞いた
ことがあるくらいもはや国民的人気と言える。


この妖怪ウォッチ、実は特別人気を出せる素材を扱っているのかというと
日本では昔から知られている妖怪をネタにしたゲームソフト。


もちろん、売り出すためにマーケティングの工夫はあったと思いますがまさか
ここまで子供の間、それ以上に人気を出せることは想定外だったのでは。





キャラクターの中でも、ジバニャンはかなりかわいいキャラクター設定なので
ゲームソフト以外でにも弁当箱やぬいぐるみ、パジャマ他多くのグッズが売れている。


マックとコラボしたハッピーセットも通常の3倍の売り上げを記録したり、年末の劇場公開
でもディズニー作品を抜いての歴代no1記録を作るなど凄まじさはまだまだ健在。


子供の間だけの人気ではなく、アニメの内容にもシュールな大人ネタを取り入れている
ことで子供を一緒に一度見た親もなんとなく笑えるという側面も人気持続の理由かも。


楽曲提供でもAKB48が歌うなど大人の間で人気のあるアイドルを巻き込むことで
子供同様に大人も視野に入れていることはディズニーアニメと似ている。


今年は妖怪ウォッチ一色となったと言っても過言ではないくらいですが、来年から人気
が急激に衰退することもない感じですね。

2015年の妖怪ウォッチはどんなことで楽しませてくれるのか、楽しみですね♪











共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。