So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

回転寿司の二極化が進む [グルメ情報]

回転寿司の巨大市場の二極化がますます進んでいる。



焼き肉店の「牛角」などを運営するコロワイドが、回転寿司大手の「かっぱ寿司」を
株式公開買い付けで買収したことがこのごろ話題となった。


かっぱ寿司と言えば、100円均一の回転寿司で草分け的な存在として長らく回転寿司
の中でも盛況を保ってきた寿司チェーンだ。


全国に約340店あり、売上高では「スシロー」の1193億円(2013年9月期)に次いで2位と
巨大勢力だったが、近年は売り上げに苦しむこともあり身売り話もすでにあった。


2007年にカッパ創業家の株を牛丼『すき家』を運営するゼンショーホールディングスに売却し
この業界5位の元気寿司との統合方針の話もあった。


経営権を他社に渡しても、ブランド名までは譲りたくないという創業者の考えで統合なども
折り合いがつかずに業績も悪化の一途をたどっていた。


高級路線にシフトすることでもうまくいかず。もともと、原価率を抑えすぎたネタのために
顧客満足度も低下していき、サイドメニューで人気のスシローなどに追い越されていく。


今後、かっぱ寿司を買収したコロワイドはわたみなどを抜いて外食業界4位に躍り出る
などの方針だが、郊外店などの不採算店の閉店や仕入れ・調理人の見直しも行う可能性もある。


『スシロー』が来年、店員が寿司を運んでくる寿司ダイニング店を東京・中目黒に出店させる予定
など高級路線の回転寿司ではない傾向にも注目。


都心部での小さなスペースでの高級立ち食い寿司のスタイルも出てくるかもしれない。


今後、顧客満足を重視にしつつ時代の流れの中でうまくニーズにこたえられる回転寿司
の経営戦略がますます問われるかもしれない。





共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。